ブルーライトカット中近両用メガネについて

ブルーライトカット|パソコンメガネとは

パソコン・スマートフォン・テレビなどのLED画面から多く発せられる光線「ブルーライト」は可視光線の中で紫外線に最も近く、強いエネルギーを持った光線です。●ブルーライトは散乱する性質がある為網膜像にぼやけて写ます。それをピント調節しようとする毛様体筋に負担がかかり、眼精疲労が起こります。●ブルーライトを多く発する液晶画面のパソコン等を夜間に長時間見ていると体内時計を狂わせ、睡眠に影響がでるという研究結果が発表せれています。ブルーライトカット眼鏡使用の人と使用しない人では寝付き・熟睡感・体の疲れ・目の疲れがブルーライトカット眼鏡使用の人が自覚的に快適だったという結果がでています。●網膜への影響が懸念され、目のちらつき・眩しさなどの眼精疲労や眼の病気の原因とされています。パソコンメガネンのブルーライトカットレンズはブルーライト領域の30~40%をカット、目のちらつき・眩しさを抑え、目の負担を軽減します。ブルーライトは全部カットしまうと、見えにくくなるので、バランスよくカットすることが必要です。 ●弊社使用レンズはすべて日本製です。

≪ブルーライトカットパソコン用中近両用メガネについて≫ 有害光線ブルーライトカットの境目なし累進多焦点レンズ(日本製)を使用したパソコン用中近両用メガネです。パソコン画面を見ながら手元の書類を見るとき書類の小さな字が見づらい。また、書類を見る為老眼鏡をかけ、次にパソコン画面を見る時そのたびメガネをはずさないといけない。などを老眼鏡が必要になられた方は経験されていると思います。そのようなわずらわしさからくる疲労とパソコン画面(LED)から出る有害光線ブルーライトが原因になる眼精疲労これらを軽減してくれるのがブルーライトカットパソコン用中近両用メガネです。


 

[パソコン用中近両用メガネの度数の決め方]普段使われている(書類や読書用)老眼鏡の度数を記入ください。※その度数の-1.0度がパソコン画面用の度数になります。(例)書類用が+1.0の方のパソコン画面用は±0.0度(度なし)です。書類用が+3.0の方のパソコン画面用は+2.0度です。   

 

今話題の有害光線ブルーライトをカットしたパソコン画面と手元の書類も両方見れる便利な中近両用メガネ。
今話題の有害光線ブルーライトをカットしたパソコン画面と手元の書類も両方見れる便利な中近両用メガネ。

ご自分の最適な(書類や読書用)老眼鏡度数はご存知ですか?

下の文字を30cm離して、肉眼で見て下さい
 見えにくくなった文字の大きさを目安に
(書類や読書用)度数をお決め下さい

Self Check!

 

 

 

店舗の紹介利用規約お問い合わせ