老眼鏡の度数測定・遠近両用メガネ

検眼には他覚式検眼と自覚式検眼とがあり、他覚式検眼はレフラクトメーターという器具を使い瞳孔から光等を眼に入れその反射でメガネの度数を測ります。

ただしこれは、近視、遠視、乱視を測る方法で、老眼の場合は自覚式検眼でしか度数は測れません。

自覚式検眼とは検眼を受ける人に大きい字から小さな字まで印刷してある表を持たせ、低い度数の凸レンズから段々上げていき一番楽で、見やすい度をさがす方法です。

近視、乱視、遠視の人はその矯正度数の上から凸レンズを加えた度数になります。

その場合一番問題なのは、左右の度が違う人で左右の度数の差が大きい人は網膜に写る像の大きさが違ってくるので、頭が痛くなることがあります(コンタクトは像の大きさは同じ)。

検眼の際、楽に見れるように度数の差を縮めるとかの調整が必要になってきます。次に使う目的によって度数が変わるので、検眼のときに必ず使う目的を伝えることが大切です。

普通は本を読んだり、デスクワーク用ですが、パソコンの画面など少し離れたところを見るには度数が少し低くなります。

また、細かな作業をする為に近寄って見なければならない人は度数が高くなります。

老眼の度数を自分で測れる方法

老眼の度数を自分で計算できる方法。まず指を眼から約10cmに置いて見ます。だんだん遠ざけていき一番近くではっきり見える所を探します。そこを近点といいます。眼から近点までの距離(近点距離)で調節力が分かります。
「 調節力(D)=100÷近点距離(cm)」
近点距離が50cmの人の調節力(D)は100÷50=2(D)です。
普通読書距離は約30cmですので必要な調節力(D)は100÷30cm=約3(D)です。
その人の老眼度数は3(D)-2(D)=1(D)
つまり+1(D)の老眼鏡が必要となります。

若いときは近点が30cmより近くにあり、年齢とともに近点が離れていき40歳を超えた頃から近点が本などを読む30cmより遠くなります。

人は6歳ぐらいから近点が遠くなり始め70歳ぐらいで止まります。だからその間で、本など読みにくくなってから止まるまで凸レンズの度数がふえていくことになります。

見やすく慣れやすい遠近両用メガネ

弊社では遠近両用レンズの近用+2.0以上の上部分は中間用度数にしています。理由①眼鏡のレンズの上側でもパソコンが見やすい。理由②人は普段は2mぐらいまでを見ている。理由③加入度数(レンズの上と下の度数の差)1.5度だとフラつきが少ない。それらの理由からレンズ近用+2.0以上の上部分は中間用度数にしています。現在までこの方法で返品やクレームはいただいていません。今後も、少しでも老眼の不自由さを解消できる眼鏡を提供できるよう努力いたします。

ご自分の最適な老眼鏡度数はご存知ですか?

下の文字を30cm離して、肉眼で見て下さい
見えにくくなった文字の大きさを目安に度数をお決め下さい
(パソコン用の度数は、見るのに必要な距離で文字を見て下さい)

Self Check!

店舗の紹介利用規約お問い合わせ